心臓病レーシーと 元気なミルキー

心臓病の犬と楽しく暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福祉祭りと父の転院。

DSCF2504.jpg
日曜日は福祉祭りに行きました。
気候もやっと秋らしく、バザーや出店でお買い物を楽しんで。
ひさびさの陽がまぶしいよ。。レーシー
DSCF2502.jpg
秋風に誘われて、ルンルンちゃんも遊びに来ましたよ。
DSCF2508.jpg
この後、くっきー君やチャコちゃんティティちゃんにも会いました。

父は無事、急性期病院である県立総合病院から
療養病院へと転院しました。

父も交えて転院先のお医者様や看護士さんとよく話しをして
栄養全てって訳にはいかないけれど
ゼリーやプリンのような
誤嚥性の低いものを少しならいただける事になり
父は大変喜んでいました。

お医者様は、ここまで生きれて
神様みたいなもんだ。
今ここで修行僧のような我慢の生活はしなくても良いでしょう。
気をつけて食べれば
食べないのと一ヶ月くらいしか変わらないでしょう。

自然に、あくまで自然にという考えのお医者様で

腹が減ったと良いながら死なせるのは
忍びないと思っていた私は嬉しくて不覚にも涙がでそうでした。

食べたいものがあったら看護師や家族に相談してみてという
お医者様の言葉に、父はつけあがり、
にぎり寿司とそばが食べたい。
と言いました。。。笑

そばはふやかしてとろみをつければあげられるけど、
にぎり寿司と出ましたよ。どうしたもんでしょー。(^^;)

DSCF2509.jpg

スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 22:30:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の日の♪

みなさん、ご無沙汰しています。
レーシーミルキーは元気です。
飼い主はちょっとバテていますが、まだまだ元気です(^0^*)

運動会の慰労会や敬老会で婦人部長としての仕事がピークでした。
優しいご近所様達が 私の事情も察して
運動会の慰労会の準備をほとんどやって下さいました。
とても助かりました。

敬老会の記念品配りや文化センターでの祝う会の
準備や当日でとても大変でした。

なんとか何事もなく無事過ごせました。

そんな中での父への見舞いがあったのですが
父の肝臓は高栄養の全種類を受け付けなくて
結局埋め込み式にしたのですが
その意味もなく。。。
普通の点滴のみになりました。

父は好みのそばやヨーグルトを少し食べとても喜んだのも、つかの間
やはり、肺炎の炎症反応が出てしまい 
食べ物は一切ダメと厳しく看護婦さんに言われました。
食べたら退院できなくなるよって。。。

退院なんて、できないんですけどね
転院させられるのだし。と 心で思いました。

それについてはお医者様とかなり激しく言い合いをしました。
点滴で寝たまま、ただ死を待つのは可哀想だと私は抗議しました。
身体に必要な栄養は点滴で 嗜好品を一口くらいは良いのではないですか?
と。

お医者様の言い分は
食べ物を食べると肺炎になって抗生剤を使わなくてはならない。
抗生剤を何回も使うと耐性菌ができてしまう。
新しい強い耐性菌ができてしまうかもしれないし
即、窒息死の可能性もある。
それでも食べると言うのなら
もう薬はやめる覚悟が必要です。

私は
どうしてそんなに極端なやり方しか選べないのですか?
先月は唾液だけども肺炎になったので
食べても食べなくても肺炎を繰り返す事には変わりはないのではないですか?
先も見えていることですし。


お医者様は
少しでも危険を減らすべきです。
肺炎や窒息は苦しみます。
このまま点滴だけなら
いずれ苦しまずに眠るように枯れていきます。
苦しませる必要はないのではないでしょうか?

そう言われて、私は黙ってしまいました。

父は、早くそばをよこせと言います。
最近の父は食事をしたせいか
頭もはっきりして以前のボケ状態がなくなりました。

そこで 食べると肺炎になるって言われたよ。
薬がだんだん効かなくなるから
今度食べて肺炎になったら、薬をくれないってお医者さんが言ってたよ。
と 言うと

そうか、それならば食べるのは諦めようと言いました。

男の医者が俺の所へニコニコしながらきて
お腹空いていますか?
って聞くんだ。
お腹がペコペコですと言うと
へらへら笑いながら行ってしまうんだが
食べてはいけないのに、何故聞くんだ?
これをお前どう思う?

と 私に言っていたのでその事もお医者さんに言いましたら
そういえば何回もそんな事 言ってしまいました。
気をつけます、と 苦笑されてました。

父は囲碁もかなりの有段者だったので
頭だけはとてもはっきりしているのに。

それでも食べられない=死で
このまま 見ているしかないのでしょうか?

いっそボケて何もわからなくなっていたら
諦めもつくんですけどね。

取り合えず来週、療養病院に転院が決まりました。

そんなこんなのバタバタの日々ですが
お月見の日に
ちゃこママさんが
お団子を届けてくださいました。
毎年一緒にお散歩してると
もらっていた おいしいお団子です(~~*)
DSCF2484.jpg
ちゃこママ ありがと~♪
ちょうど、お医者様と言い合いをしてへこんだ日だったので
心が温まりました♪

ママが元気になったよ。
DSCF2488.jpg
みるもおじいちゃんが心配だよ。
DSCF2494.jpg
このこたちには 本当に癒されます。
このこたちのために頑張っていたつもりが
このこたちに 助けられています♪
DSCF2493.jpg
  1. 2010/09/25(土) 12:00:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。