心臓病レーシーと 元気なミルキー

心臓病の犬と楽しく暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

定期健診日

病院に健診に行きました。
いつも通りでお薬をいただいて帰りました。

入院している92才の父は
老化が原因で飲み込むことができないために
肺炎になるらしいです。
嚥下機能が低下して唾液さえ気管から肺に流れこんでしまっている
状態なので食事も水も口からは禁止と言われました。
点滴のみです。

金曜日にお医者さんに
1.胃に穴を開けて胃から食べ物を流すか
2.胸にカプセルを埋め込み点滴するか
3.食事ができなくなった事を寿命と考え
 好きな物を食べさせるか
 (この場合窒息死や肺炎の発生有)

ご家族で決めて下さい。

と言われました。

これを読まれた皆さんは自分の立場だったら
どうされますか?
悩みすぎて頭痛になりました。

後悔をしない決断をしようと思います。

そんな苦渋の日々ですが
良いこともありました。
お茶のれん会でスタンプラリーをして
メロンが抽選で当たりました。

父の事もあるのですが事情があって
母の位牌を我が家に移しました。
仏事を何も知らないので四苦八苦ですが
大切に思う気持ちがあればなんとかなるでしょう。
早速メロンを供えました。
亡き母が当ててくれたのかも?

こっこれは 何じゃ~。。。ミルキー
何々?。。。。レーシー
DSCF2102.jpg
すっすごいじゃん。。。レーシー
DSCF2104.jpg

仏様にあげてから
熟したらいただこうね♪
DSCF2094.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/07/10(土) 18:34:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<その後 | ホーム | 息抜き♪>>

コメント

難しいです

うちも義母が難病をかかえていますから
ひとごとじゃないなって気持ちでブログを読みました。

本人にとってどれがいちばん幸せか…
考えても考えても答えを出すのは難しい。

実母も年々老化して弱ってきてるので
この問題は私の頭の片隅にいつもあるんですよ。

アドバイスにならなくてごめんなさい。
  1. 2010/07/11(日) 10:17:30 |
  2. URL |
  3. ニコママ #JgIubCYA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/07/11(日) 23:26:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

No title

5年前に亡くなった母と同じ状況です、70代でしたが。
歩けない、食べられないの状況から~いくつかの病院へ連れて行きましが、「お年だから」「夏ばてだろう」とか言われて。
やっと老人病院に入院が決まり、安心したのもつかのま~体中がむくみ。
検査したところ末期の肝臓ガンで肺にも一気に転移してしまいました。
手術はムリだし、可哀想ということで~あくまで自然のままに最期を過ごしました。

病院食は、食べられなくなっても3食お願いしました・・・弟夫婦が希望しましたから。
食べられるものは何でもいいということで、アイスとかヨーグルトだけ(それもほんのひと口でした)

ちょっと早い死でしたが、自然のままに最期をとみんなで決めました。
母はわたしに「もう充分生きた」と・・・それが最後の言葉になりました。
  1. 2010/07/12(月) 12:04:14 |
  2. URL |
  3. 芽紅蘭ママ #kYLXZucc
  4. [ 編集 ]

No title

お父さん、大変ですね~。
お医者さんからの選択は、難しいですね・・・
ウチも1人でいる父親のこと思うと歩けるうちに
色んなところ連れてってあげようかと・・・でも、たま
にになっちゃいますね。
ママさんのお父さん、長生きしてほしいですね。


  1. 2010/07/16(金) 16:22:46 |
  2. URL |
  3. じゅんじゅんママ #-
  4. [ 編集 ]

ニコママさんへ

ずいぶんの遅レス、すみません。
お義母様は難病ですか?

本当に難しい決断でした。
父はボケが進んでいるので
先週までは手術する。
長生きできるよう頑張る。
たとえその手術で死んでも悔いはないって
言ってたので、そのままお医者様に伝え
是非手術をお願いしますと言い
検査までしていただいてたのに
検査後、お医者様が手術はどうしますか?
と本人に確認したら
手術なんかしない、医者は金儲けで
やたら人を切りたがる。
あの医者は俺を殺したがってしょうがない。
なんて急に言い出したものですから
まるで私が一人で手術させたがってるみたいな
感じになってしまって
目が点でした。

結局、色々考えて本人の負担の一番少ない
IVHをすることにしました。
  1. 2010/07/25(日) 13:39:34 |
  2. URL |
  3. レーシーママ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

鍵コメ様へ

手遅れにならないうちに
胃に穴の手術をと思ったのですが
本人の気が変わってしまったようで
(また変わるかもしれませんが)
胃に穴を開ける手術はやめて
IVHで栄養剤を胸の血管から
流すことになりました。
  1. 2010/07/25(日) 13:42:28 |
  2. URL |
  3. レーシーママ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

芽紅蘭ママさんへ

ママさんのお母様は五年前にお亡くなりに
なったのですね。
末期の肝臓ガンで肺にも一気に転移されて
いたのですか?
順番とは言え人がお亡くなりになるのは悲しいです。

父はかなりひどい誤嚥なので
一口でも食べたらそれが即、
命取りになるらしいので
何も食べることができません。
目も見えません。
それでも生きながらえていて欲しいのは
娘のエゴでしょうか?
全くボケてしまったのなら諦めもつきますが
最近は 帰るねと言うと
おまえが帰ると寂しいと言います。
でも暗くなる前に帰れと言います。


  1. 2010/07/25(日) 13:53:13 |
  2. URL |
  3. レーシーママ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

じゅんじゅんママさんへ

じゅんじゅんママさんのお父さんは
まだお出かけできる程元気なのですね。
うちも数年前までは
一緒にお風呂に行ったり
お食事したりできたのですが
年よりは年をとるのが早いです。
あっと言う間でした。

できるだけ楽しい時間を一緒に過ごしたいですね。
  1. 2010/07/25(日) 13:56:20 |
  2. URL |
  3. レーシーママ #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lacymilky.blog45.fc2.com/tb.php/167-02bf2733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。