心臓病レーシーと 元気なミルキー

心臓病の犬と楽しく暮らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レーシーの不調 

IMG_6710.jpg
昨夜2:30
レーシーの悲鳴で目が覚めました。

呼吸ができないようで
ヒィーッと もがき 前に進もうとします。
ベッドの淵で カァーッケッと
咳もしていました。
脱糞しそうな ガスも出ていました。

これはただ事ではないと
起きてレーシーを抱きかかえ
ニトロを冷蔵庫から出して
いや その前におしっこさせてみようと
マナーをつけて玄関マットに下ろしたら
へたってましたが おしっこはしてくれました。
暖かい蒸しタオルでお腹を暖め拭いてから
ニトロを入れました。
その時 呼吸数は正常だったので
肺水腫ではなく 心臓由来の原因だと考えて
利尿剤は追加しませんでした

朝は元気がなかったけれど
なんとかフードは食べてくれました。

まだ四週間たっていないけれど
受診しました。
その時はガーガーという咳をしていました。
お医者さんが 念のため利尿剤の注射を
しましょうかと 言ったので 私は

呼吸は普通だから肺水腫ではないですよね?
それなのに利尿剤ですか?

と 訊ねてみました。

お医者さんは

利尿剤には血液量を減らし
心臓の収縮を計る役目もあるのだと

答えてくれたので

昨夜もニトロを入れた時
利尿剤の追加をしたほうが良かったのでしょうか?

と 訊ねたら

そうです
利尿剤も追加してもらいたかったですね
手遅れになってからでは
何をしても無駄になりますから

と 言われました。


咳止めも混ぜてくださった
静脈注射をしていただきました。

血液検査しませんか?
良い結果は出ないと思いますけど。

と 私が言ったら

色々な検査も必要ですけれど
今回は治療のみを優先しましょう


と 言われました。

待合で薬を待っている間に
注射が効いてきて 咳は止まりました。
でも ボーッとしていて

利尿剤の注射をすると
おしっこをもらすので
マナーをつけようとしましたが
立たせようとしても立てなくて
足の太ももをしっかりお腹につけて
開こうとしても足を開かないんです。

で 断念して おしっこしたらしたで
なんとかなると
そのまま連れて帰りました。

夕方には ボーッとしながらも
なんとか大小してくれて
食事はもちろん食べないし
水も飲まないので

水分大目にして潰したフードにミルクと混ぜて
強制したらシリンジ2本分なんとか飲み込んでくれました

パパがキッチンで座って抱っこしていて
私がベッドのほうへ行こうとすると
キャンキャンキャーン
行かないで~って
感じでひなるんです。



明日には良くなっていますように。
あと 二ヶ月ちょっとで
10歳になれるので
なんとか 頑張って欲しいです。

コメントが遅くなっていてすみません。
今回は閉じさせていただきますね。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 23:10:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lacymilky.blog45.fc2.com/tb.php/365-8dcf0a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。